ビューティーアドバイザー 仁くすのき プロフィール
1970年 4月 ポーラ化粧品に入社。
商品企画、宣伝、教育部門などに携わる。
同社美容研究所 課長職を兼ねながら、
チーフメークアップディレクターとして全国の美容スタッフや販売員の指導にあたる。
2001年   ポーラ化粧品を退職。
2002年   フリーとして独立。
「メークアップオフィスJIN」を立ち上げる。
豊富な経験を生かし、雑誌、講演など多方面で活動。
特に、いきいき世代(50歳から)の美に関しては、「ヘアスタイルもファッションもライフスタイルも、30代、40代の頃とは変わってきました。
50代には50代のキレイのためのメイクがあるはず。」という独自の理論を元に幅広く研究している。
2003年   有限会社J・Kコスメティックスハウス設立。
2006年 6月 メークアップスタジオ『仁くすのき 眉工房』オープン
2007年 6月 『仁 くすのき 美工房』として独立、
エステ・ネイルを含めトータルビューティサロンをオープン。
    NPO法人50カラット会議 会員。
    「50代のキレイメイク講座」には、いつも多くの方の参加希望があり、その満足度にはかなりの定評がある。
50代からの生き方・暮らし方応援雑誌「いきいき」では、2002年4月〜2003年4月号まで1年間メークのコーナーを担当。
読者の方から寄せられた、沢山の相談の手紙が、仁 くすのきの考え方のベースになっています。
    講演、美容セミナー、化粧品の開発など、「いきいき世代(50歳から)、 団塊世代の美」をテーマに活動中。